文書作成日:2017/04/25

2017年5月30日より中小企業にも適用となる個人情報保護法

 個人情報保護に対する意識はかなり高まっており、ひとたび個人情報が流出すると大きな社会問題となることも少なくありません。その結果、企業としてこれまで築き上げた信頼を失ったり、損害賠償として多額の費用の支払うなどの事態も見受けられます。企業の個人情報の取扱いについては個人情報保護法で定められていますが、2017年5月30日に改正個人情報保護法が施行され、これまで適用除外とされてきた保有する個人情報が5,000人以下の企業も同法の適用となります。そこで、今回は個人情報保護法の内容と施行に向けて必要な準備ついて解説しましょう。

1.個人情報保護法とは
 個人情報保護法とは企業の個人情報の取扱いを定めた法律です。この「個人情報」とは生存する個人に関する情報で、人物が特定されるものを指します。例えば従業員Aの氏名、住所、連絡先など企業が管理している情報は、それらにより従業員Aを特定することができるため、従業員Aの個人情報となります。
 まもなく5,000人以下の企業も対象となることで、極端なケースでは従業員を1人も雇用していなくても、顧客の個人情報を1件でも保有していれば、個人情報保護法に基づいた取扱いが必要になります。

2.企業に求められる行動
 個人情報の取扱いについて必ず押えておきたい項目として以下の5点があります。なお、以下では商品を販売するときの事例を挙げていますが、従業員の個人情報を人事労務管理のために利用する場合も同様に考えることになります。

(1)個人情報の取得時には、その利用目的を決めて、本人に伝える
 例えば、お客様の個人情報を利用するにあたっては、購入商品の発送のためなど、あらかじめ利用目的を特定しておきます。また個人情報を取得する際は、この特定した利用目的を本人に伝えるか、あらかじめホームページや店頭で掲示するなど公表しておく必要があります。

(2)取得した個人情報は決めた目的以外のことには使わない
 取得した個人情報は特定した利用目的の範囲でしか利用が認められないため、例えば、商品を発送するためという目的で取得したお客様の個人情報を使って、自社の商品を宣伝することはできません。そのため、既に取得した個人情報を特定した目的以外で利用する場合は、あらかじめ本人の同意を得る必要があります。

(3)取得した個人情報を安全に管理する
 個人情報をエクセルなどでまとめデータベース化した場合、そのデータを安全に管理する必要があります。具体的にはファイルにパスワードを設定したり、ウィルス対策ソフトをインストールするなどの対応があります。また従業員が個人情報を取扱う場合、私的に使ったり、その内容を言いふらしたりしないように社内教育を行っておきましょう。

(4)個人情報を他人に渡す際には、本人の同意を得る
 原則として、個人情報を他人に渡す場合、本人の同意が必要です。ただし、警察からの照会など法令に基づく場合や災害時など人命に関わる場合で、本人から同意を得ることが困難な場合や、配達業者に商品配送を委託する場合等に限っては、本人の同意を得なくても、個人情報を他人に渡すことができます。

(5)本人からの「個人情報の開示請求」に応じる
 会社が保有している個人情報について、本人から開示や訂正等を請求された場合、その対応が必要になります。併せて、その個人情報の利用目的を問われた際には、答えられるようにしておくことが求められます。

 企業として、まずは上記5点について実施できているかのチェックを行い、問題のある項目については施行日までに改善しておきましょう。併せて、個人情報の取扱いについて遵守しなければならないことをまとめ、社内規程を整備しておくとより現場へ浸透しやすくなります。

■参考リンク
個人情報保護委員会「改正法の施行準備について」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




企業の年間休日数の平均は108.0日2017/04/18
2017年6月より産業医の作業場巡視回数の削減が認められます2017/04/11
平成29年度の雇用保険料率は引下げに2017/04/04
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反2017/03/28
協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率の見直し2017/03/21
注目の勤務間インターバル制度を支援する助成金2017/03/14
2017年4月より企業単位で任意加入が可能となるパートタイマーへの社会保険の適用2017/03/07
時間外労働の前提となる36協定の締結と届出2017/02/28
平成29年1月から通勤災害の範囲が見直されました2017/02/21
4月より引き下げられる在職老齢年金の支給停止基準額2017/02/14
労働時間の把握において重要となる新ガイドライン2017/02/07
長時間労働が疑われる事業場の66.2%で法令違反2017/01/31
1月より実施されている小売業、社会福祉施設等に対する労働災害防止推進運動2017/01/24
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年間で最低水準に2017/01/17
大学卒業後3年以内で会社を辞める人は全体の31.9%2017/01/10
厚労省が実施した「過重労働解消相談ダイヤル」 相談の27.9%は家族からの相談2017/01/03
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2016/12/27
インターネットで企業の社会保険加入状況が検索できるようになりました2016/12/20
11月15日に来年の裁判員候補者に対する通知が発送されました2016/12/13
特定求職者雇用開発助成金に新設された「生活保護受給者等雇用開発コース」2016/12/06
来年1月から拡大される雇用保険の被保険者2016/11/29
定年を65歳以上としている企業の割合は全体の16.0%2016/11/22
届出漏れの多い従業員の住所変更届2016/11/15
補正予算の成立を受けて新設された65歳超雇用推進助成金2016/11/08
11月に労基署の重点監督を含む過重労働解消キャンペーンが実施されます2016/11/01
就業規則の届出を本社一括で行う方法2016/10/25
対応が必要となる来年1月に施行される改正育児・介護休業法2016/10/18
平成28年11月30日までに実施しなければならないストレスチェック2016/10/11
補正予算の成立を受けて見直しや新設が予定される雇用関係助成金2016/10/04
全国平均で25円の大幅な引上げ!地域別最低賃金の確認をお忘れなく2016/09/27
8月から支給率が引き上げられた介護休業給付2016/09/20
パートタイマーへの年次有給休暇付与時の注意点2016/09/13
ますます重要性が増している定期健康診断の実施2016/09/06
平成28年9月分から厚生年金保険の保険料率が変更になります2016/08/30
今後対応が必要となる有期契約労働者の無期転換ルールと活用したい助成金2016/08/23
建設業の社会保険未加入対策に向けて充実した相談体制2016/08/16
来月より厚生年金保険の資格取得時における本人確認事務が変更となります2016/08/09
登用が進む女性管理職2016/08/02
求められる熱中症予防対策2016/07/26
精神障害による労災請求件数が過去最多を更新2016/07/19
7月より国民年金保険料の納付猶予制度の対象範囲が広がりました2016/07/12
高止まりするセクハラ・マタハラの相談と今後求められる対策2016/07/05
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2016/06/28
減少する労働災害による死亡者数、死傷者数と労働局の対応2016/06/21
ハローワークを通じた障害者の就職件数が7年連続で過去最高に2016/06/14
一億総活躍社会の実現に向けて国が示した働き方改革の方向2016/06/07
従業員を解雇した場合の年次有給休暇の請求権2016/05/31
6月上旬より始まる協会けんぽによる被扶養者資格の再確認2016/05/24
従業員が自転車通勤をする際の注意点2016/05/17
今後施行される雇用保険制度の主な改正点2016/05/10
従業員の育児・介護と仕事の両立支援を後押しする60万円の助成金2016/05/03